よくある腰痛、非特異性腰痛の原因 (2)

こんにちは!狭山市のあたらし整骨院です。

昨日の続きで、よくある腰痛非特異性腰痛の原因のお話をさせて頂きます。

 

よくある腰痛、非特異性腰痛の原因 (2)

 

非特異性腰痛の原因の一つに髄核のずれがあるとお話させて頂きました。

 

 

前かがみや猫背姿勢では背骨が前に曲がり、曲がるときの圧力が椎間板に伝わり髄核は後ろにずれます。

ちょっとわかりにくいかもしれませんが、下記図の

青の矢印が前かがみになり、背骨が曲がる方向

赤がそれに応じて髄核が後ろにずれる様子です。

 

 

逆に体を反らした状態は上記図の逆で髄核が前にずれます。

 

因みにハイヒールは常に前かがみ状態になるので、髄核は後ろにずれようとします。

これがハイヒールによる腰痛の原因の一つであります。

 

 

また、ぎっくり腰も重い物などを持ち上げようとしたになってしまうというのも

髄核が後ろにずれるというものも原因の一つになります。

整骨院 ホームページ制作