なぜ痛みだけで判断してはいけないか

こんにちは!あたらし整骨院です^^

本日も、とても重要なお話しですので

最後まで読んで頂けると幸いです。

 

なぜ痛みだけで判断してはいけないか

前回のぎっくり腰のお話しのつづきになりますが

なぜ痛みだけで判断してはいけないかというと

痛みはからだからのサインであり、

痛みが治まる=根本原因の改善 イコールではないのです。

 

例えばぎっくり腰になる方は実は腰を中心に全身にストレス、疲労が蓄積され

全身のゆがみ、詰まりなどがひどい状態でこれが根本原因のひとつになります。

 

表面的な痛みより、この根本原因を改善する方が時間がかかるのです。

ですので、痛みだけで判断すると

まだまだ、根本改善には至らない状態が多いのです。

ぎっくり腰などの症状を繰り返してしまうのです。

 

 

 

 

 

整骨院 ホームページ制作