腰痛について (2)

こんにちは!狭山市のあたらし整骨院です。本日も引き続き

腰痛についてのお話

をさせて頂きます。

日本整形外科学会では腰痛について(病名、原因)下記のように説明しています。

 

腰によるもの

先天異常や、側弯症、腰痛分離症など成長に伴って起こるもの、変形性脊椎症、腰椎椎間板ヘルニア

脊柱管狭窄症、すべり症など加齢による生ずるもの、圧迫骨折などの外傷(ケガ)、カリスエや化膿性脊椎炎

などの感染や炎症によるもの腫瘍によるものなどがあると言われています。

腰以外に由来するもの

 

 

腰(脊柱)によるもの

腰以外に由来するもの

解離性大動脈瘤などの血管の病気、尿管結石、子宮筋腫、胆嚢炎や十二指腸潰瘍などの内臓の病気

精神疾患やストレスによる心理的な原因による場合

解離性大動脈瘤などの血管の病気、尿管結石などの泌尿器の病気、子宮筋腫や子宮内膜症などの婦人科の病気、胆嚢炎や十二指腸潰瘍などの消化器の病気、変形性股関節症などの腰以外の整形外科の病気によるものがあります。加えて身体表現性障害、統合失調などの精神疾患や精神的なストレスによる心理的な原因による場合もあります。

 

実は腰痛と言っても、内臓などの病気が潜んでいる危険な腰痛もあるという事です。

 

 

 

整骨院 ホームページ制作